こころの健康作り!手編みプロジェクト マインドフルネス・ニッティング

私たちの想い

  • HOME »
  • 私たちの想い

指先は脳のアンテナ、
だからマインドフルネスニッティング

 

会員が作成したハートの花コラージュ

会員が作成したハートの花コラージュ

2000年代に突入し、我々は多くの深刻な社会問題に遭遇しています。自殺や小中学生のいじめ、不登校児の増加、虐待など、こころの病を主因とする悲惨な事件がマスコミで報道されるたびに心を痛めておられる方が多いことでしょう。これからの未来を担う子どもたちのこころに与える影響は手をこまねいて見ているわけにはいきません。このような原因を探っていくと、仕事の効率化や核家族化による希薄な人間関係、離婚や低賃金による貧困問題などが根底にあるようです。今、我々は人類の末長い存続のために、これら多くの問題を冷静かつ慎重に見つめていかなければならない時期にさしかかっているのではないでしょうか。

このような問題の原因を探る中で、とても気になることがあります。それは、人類が英知を集めて進歩させた科学技術(IT)です。ITのおかげで我々は清潔、便利、快適な生活を送ることができるようになりました。コンビニやデパチカなどで人気の中食(なかしょく)を食し、機械化で短時間に素敵な服を低価格で入手できるようになりました。反面、毎日の料理の献立を考えることがなくなり、服飾制作から手仕事は不要になってきました。今後、3Dプリンターやロボットに加え、人間の尊厳にかかわる知的行動をコンピューターに代行させる人工知能の開発で、日常で頭や手を使う必要性が薄らぎ、脳の退化を招くのではないかと懸念しています。

エヴァ・ナチュラルは、脳を刺激することで、より健康な人生を送りたいという会員たちの思いから、2001年に朗読と手編みを主体とする会を発足させました。
「指を使うと脳細胞が刺激されて脳が活性化する」ことが脳内物質の量の変動を観察したこれまでの研究で明らかにされています。指先は脳のアンテナと呼ばれ、とくに、両手を同時に使う手編みなどの手仕事は、右脳、左脳をバランスよく活性化させると考えられています。

エヴァ・ナチュラルでは、古くから日本人に親しまれてきた手編みの良さを再認識し、その技術を子孫に普及・伝達する活動をマインドフルネス二ッティングと名付け実施することにしました。多くの人々が少しでも希望をもって社会生活が送れるように、脳を活性化するような実践活動を進め、多くの笑顔を作っていきたいと思っています。


2016年7月
エヴァ・ナチュラル代表
佐二木 順子

佐二木 順子

 エヴァ・ナチュラル主宰
 日本編み物文化協会認定手編み講師
 食生活アドバイザー2級
 薬学博士(千葉大学)
 千葉大学医学部非常勤講師
 千葉大学認知行動療法サポーター

PAGETOP
Copyright © 『エヴァ・ナチュラル』 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.