サウスポーで器用にかぎ針を使い、オリジナルの作品をたくさん生みだしておいでのAさん(男性)。今年初めての例会で、ご披露いただいた薔薇の花のアクリルたわしです。

彼の凄いのは、ご自分の頭の中で編み図を作り、誰も作ったことのない新生作品を生み出すことです。これこそ世界にたった一つの作品です。

薔薇をたくさん作り、壁かけにして飾りたいとのこと、間違いなく、豪華な壁かけになることでしょう。すばらしいですね。

その日の体調やモチュベーションを編み物に対する関心度で計るのだそうです。ここまで来ると、まさにマインドフルネス二ッティングの極意を会得したといっても過言ではありませんね。

014

015

010