まだ10月というのに、今年は冬の訪れが早いようで、朝晩の寒さが身にしみるようになって来ました。

早速、毛糸での制作依頼があり、チュニックセーターを編みました。小柄な方なので、体型に合わせて若干肩幅を狭くしました。

濃い紫の中細毛糸(ハマナカ、ピエールファミリーウール純毛中細、ウール100%)と小さなスパンコールをちりばめたスパンティア(ハマナカ、ポリエステル68%、モヘア13%、ナイロン10%、ウール9%)の2本取りを5号棒針で編みました。

ミックス糸で、単色のようには模様が目立たず、ちょっとがっかり。でも、とても暖かく、これからの寒い季節に重宝されること請け合いです。裾脇にスリットを入れました。

同時に、ベストに用いた2種類の毛糸を使って、ラリエットを作ってみました。これは、NHKの”すてきにハンドメイド”10月号で紹介されたパプコーン編みのラリエットです。

 

006

007

018

パプコーン編みのラリエット